カテゴリー
その他 中国語学習

数字手势。

数字手势:Shùzì shǒushì:片手で1から10までを表現するハンドサイン。

私たち日本人は「手を使って1から10まで表現してみて」というと普通は両手を使って指の本数で数字を表現すると思いますが、中国大陸では「片手で1から10まで表現する」のが普通です。

数字手势:shù zì shǒu shì なんて呼ばれるのですが、僕の知っている限りでは大陸の中国人は大体このサインで共通していたのでほぼ通じると思います。

「大陸、大陸」と強調するのは「台湾」ではまたちょっと違うんですよね…。

1のフィンガー・サイン

1は日本の表現と同じですね。

2のフィンガー・サイン

2も同じです。

3のフィンガー・サイン

3は人差し指と親指以外を立てることが多く感じますが、日本と同じく親指と小指以外を立てるやり方でも通じる要です。

4のフィンガー・サイン

4も日本と同じですね。

5のフィンガー・サイン

5も同じです。

6のフィンガー・サイン

6から見慣れないサインになってきました。「数字六手势:Shùzì liù shǒushì」。6からは親指が「5」を表し「5+1」で「6」を表してます。

6以上のジェスチャーの意味の詳しい解説が知りたい方は「数字手势6的含义:Shùzì shǒushì liù de hányì」をご覧下さい。

7のフィンガー・サイン

7も親指が「5」なので合計「7」ですね。

8のフィンガー・サイン

8は説が二つあるのですが、1つは漢字の「八」と形が似ているというものです。

もう1つは…あまりピンとこないのですが解説すると「親指の5と握っている小指、薬指、中指が加算関係にあり5+3」で「8」というもの。

9のフィンガー・サイン

9は、まず「10」がグーで表される事を知らないと理屈が通らないのですが、グーから1抜けている事から「10-1」。

10のフィンガー・サイン

10はいわゆるグーです。グーはじゃんけんでも「石」を表し、のピンインは「shí」で「」と同じ音(谐音:Xiéyīn:字音が同じ、若しくは似ている)。

ちょっと大変かもしれませんが、日本式だと通じない時もありますし覚えておくと便利ですよ。

中国語の学習、共に頑張りましょうね。

関連する中国語

手指头:shǒu zhǐ tou:手の指。手指:shǒu zhǐとも言います。

大拇指:dàmǔzhǐ:親指。

食指:shízhǐ:人差指。

中指:zhōngzhǐ:中指。

无名指:wúmíngzhǐ:薬指。

小拇指:xiǎomǔzhǐ:小指。

作成者: Mit

オーストラリアをはじめに海外生活を約4年経験し、2014年の12月末から中国語の学習を初め2016年7月に上海外国語大学の中国語サマーキャンプに短期留学。その後も何度も中国や台湾に通い、そしてハングルにも手を出すが…ちょっと…無理。…という事で中国語に集中。仕事では中国の工場への発注調整や、海外の翻訳家との業務調整を担当。