カテゴリー
NBA その他

中国語版NBAオフィシャルサイト

NBA中国官方网站:NBA zhōngguó guānfāng wǎngzhàn。URLが「china.nba.com」とnba.comのサブドメインになっているので、日本と違ってNBAが運営するサイトになっています。

NBAで活躍する渡邊雄太が2021年4月19日、自身の所属するトロント・ラプターズと「本契約」したとツイッターで発表されました。

渡邊選手は2017–18シーズンからプレイオフに出れていないメンフィス・グリズリーズで2年間「2ウェイ契約」で過ごし、あまり出場機会を与えられませんでした。

しかし2013-14シーズンから7年連続でプレイオフに連続出場していて、しかも「2018–19年NBAファイナル優勝」を果たしている強豪、NBAで唯一カナダを拠点とする「トロント・ラプターズ」に「エグジビット10」を経て「2ウェイ契約」を獲得。少しづつプレータイムを増やしていって、ついに「本契約」! パチパチパチパチ!

渡邊雄太の契約前後のスタッツ。小さくて見えにくいので、右クリック「新しいタブで画像を開く」をすると読めると思います。

最近のスタッツを見ても4/16には自己最多得点21点を記録するなど、見ていてもいい感じでしたもんね。個人的には4/18の「4アシスト」がよかったかな。

NBA中国官方网站

さて、話を「中国NBAオフィシャルサイト」に戻して、本家アメリカのNBA公式サイトのカンファレンス・ランキングのページと比べてみると…

アメリカの「NBA 2020-21 Regular Season Standings」。
中国の「2020-2021 常规赛 联盟排名」。

…と、こんな感じ。

メニューの配置とかはちょっと違いがありますが、まあ、同じような使用感です。

連続の勝敗の事を英語で「STREAK」と言いますが、中国語では「连续成绩」。連続成績って言うんですね。

日本語で言う「ホームゲーム・アウェイゲーム」は、

英語では「HOME・ROAD」。

中国語では「主场・客场」。

他のページを見てみると、

中国NBAサイトの「图集」のページ。

中国NBAサイトでは「图集:Tú jí」というページがあって、試合の写真集になってます。これ米国NBAサイトにはないです。

プレーヤーのスタッツのページは…

米国NBAサイトの個人スタッツ・ランキングのページ
中国NBAサイトの個人スタッツ・ランキングのページ

この辺はページへの変遷の仕方も表示の仕方も違いますね。

ゲーム平均得点はステフィン・カリーが31.1点でトップ。

カリーって中国語では「斯蒂芬 库里:Sīdìfēn kù lǐ」と呼ばれてるんですね。そしてウォリアーズは「勇士:Yǒngshì」

八村塁選手のチームメイト、ブラッドリー・ビールが0.1点差で2位にいます。ブラッドリー・ビールは中国語で「布拉德利 比尔:bù lā dé lì bǐ’ěr」、ウィザーズは「奇才:qícái」。

マーベリックスは「異端児」とか「一匹狼」といった意味がありますが、中国語では「独行侠:Dúxíng xiá」。いいネーミングです。

もし中国でのNBAチームの呼び方に興味があれば、このブログで過去に紹介した「NBAチームの中国名」をご覧下さい。

20-21シーズン NBAプレイオフ・ピクチャー

NBA公式サイトより「20-21 NBA PLAYOFF Picture」。

中国語には全く関係ありませんが、NBAは19-20シーズンから、今までにあった「レギュラー・シーズン」とその結果として各カンファレンスの上位8チームが競う「プレイオフ」の間に「プレイイン・トーナメント」という7~10位の4チームが「第7シードと第8シード」を争うトーナメントを新たに追加しました。

上の写真にあるようにまず7位と8位のチームが戦い勝った方が第7シードを獲得します。「Seven-Eight Game」と言います。

そして9位と10位のチームが戦い勝者が「Seven-Eight Game」の敗者と戦う権利を得ます。これを「Nine-Ten Game」と言います。

最後に「Seven-Eight Game」の敗者と「Nine-Ten Game」の勝者が戦い勝った方が第8シードを獲得するという訳です。

19-20シーズンのプレイオフは第5シードのマイアミヒートが東カンファレンス・チャンピオンになってますから今年もどうなるか分かりませんね。

ここでちょっと中国語の勉強を挟んで…。

中国語のバスケット用語

比分:Bǐfēn:スコア、得点。

联盟排名:Liánméng páimíng:カンファレンス・ランキング。

常规赛:chángguī sài:レギュラーシーズン。通常は各チーム82試合戦うが、20-21シリーズはコロナの影響で72試合に。

季后赛:Jì hòu sài:プレーオフ。

第一轮:dì yī lún:プレイオフ1回戦。

东西部半决赛:dōngxī bù bàn juésài:カンファレンス・セミファイナル。

东西部决赛:dōngxī bù juésài:カンファレンスファイナル。東西カンファレンスの優勝チームが決まります。

总决赛:zǒng juésài:ファイナル。東西優勝チーム同士で行われる決勝。

終わりに

という訳で今回は中国語版NBAオフィシャルサイトをご紹介しました。

ちなみに中国語版NBAオフィシャルサイトでは「版権の問題であなたの地区からは見れません」と言ったようなメッセージが出てきて動画(视频:Shìpín)は見れません。

試合の流れもアメリカ版が「71-76」の時に中国版は「54-62」と更新が遅れていたり、アメリカ版のように自動更新じゃなかったり、Play-By-Playがなかったりするので、中国版を見る優位性は何だ?って事になりますが、そこは中国語の勉強と割り切りましょう。

僕は今まではStatsからシュートやアシストの動画が見れるので本家のNBAサイトで観てましたが、中国語の勉強の為にしばらく「NBA中国官方网站」も使ってみたいと思います。

作成者: Mit

オーストラリアをはじめに海外生活を約4年経験し、2014年の12月末から中国語の学習を独学で初め2016年7月に上海外国語大学の中国語サマーキャンプに短期留学。その後も何度も中国や台湾に通い、そしてハングルにも手を出すが…ちょっと…無理。…という事で中国語に集中。仕事では中国の工場への発注調整や、海外の翻訳家との業務調整を担当。