カテゴリー
グルメ その他 まとめ

台湾の丼物まとめ

中国上海に夏季留学した時、食堂に入ってメニュー(菜单:Càidān)が読めず固まってしまった事があります。こういう時って一回「分からない」と思うと焦ってしまって、考えればわかるものでも全く分からなくなってしまいます。

そこで場所を台湾に移して「丼物」について少しだけまとめてみたいと思います。

魯肉飯:lǔròu fàn
肉燥飯:Ròu zào fàn
雞肉飯:jīròu fàn
排骨飯:páigǔ fàn
焢肉飯:hōng ròu fàn

魯肉飯:lǔròu fàn

曉河街夜市の魯肉飯
基隆夜市の魯肉飯。炊き込みご飯にお肉がのっかってる感じになってますが、魯肉飯と言ってました。

台湾を代表するご飯もの魯肉飯は、白米の上に脂身の多い豚肉を刻んで醤油や砂糖で甘じょぱく煮込んだお肉を乗せた料理です。街を歩いていると「滷肉飯:lǔròu fàn」という看板を見かけることがありますが、魯肉飯と同じで、の台湾での昔からの書き方のようです。

肉燥飯:Ròu zào fàn

淡水の肉燥飯。淡水は台北の街なので魯肉飯と呼びそうですが、このお店には魯肉飯というメニューがなかったので、店のオーナー(老闆:lǎobǎn)が南方出身だとかの理由じゃないでしょうか。

肉燥飯は豚の挽肉を醤油や砂糖で甘じょぱく煮込んだお肉を乗せた料理です。「えっ、魯肉飯と何が違うの?」って思うのですが、刻んだ豚肉を使うか挽肉(ミンチ)を使うかの違いのようです。あと、台湾南方では魯肉飯のようなものも肉燥飯と呼ぶ傾向が強いようです。

雞肉飯:jīròu fàn

雞肉飯は茹でた鶏肉を割いたり、刻んだりして白米の上に乗せた料理で、たくあんを付け合わせて提供される場合が多いです。タレをかけているものもあります。

排骨飯:páigǔ fàn

排骨とはあばら骨の事でいわゆる「スペアリブ」の事です。排骨飯はスペアリブのフライを白米に乗せたり、添えたりして提供されます。日本語では「パーコー飯」とか「パイコー丼」と呼ばれています。

焢肉飯:hōng ròu fàn

士林の李宅小食の焢肉飯

焢肉飯は煮込んだ三枚肉と煮卵や野菜を付け合わせた丼飯です。「豚の角煮丼」って言った方がいいのかな。炕肉飯:Kàng ròu fànとか爌肉飯:kuàng ròu fànという料理も見かけますが同じものです。付け合わせに「タケノコ」が出てくることが多いと思います。焢肉飯は中国語読みでは「hōng ròu fàn」ですが、台湾では「コンロウファン」と呼ばれてます。

台湾ではこのパターンが少なくなく、普通话:Pǔtōnghuàで通じるのですが、固有名詞は台湾読みというのが結構あります。

次回は台湾の麺類(麵條:Miàntiáo)についてまとめてみたいと思います。

補足単語

五花肉:wǔ huā ròu:三枚肉。お肉の赤身と脂身が混じった部分。焢肉飯のお肉は五花肉です。

作成者: Mit

オーストラリアをはじめに海外生活を約4年経験し、2014年の12月末から中国語の学習を独学で初め2016年7月に上海外国語大学の中国語サマーキャンプに短期留学。その後も何度も中国や台湾に通い、そしてハングルにも手を出すが…ちょっと…無理。…という事で中国語に集中。仕事では中国の工場への発注調整や、海外の翻訳家との業務調整を担当。