カテゴリー
その他

「多音字」っていくつある?

911查询の新华字典の「多音字大全」より。

中国語の漢字の読みは基本的に一音で、日本語のように「音読み、訓読み、当て字読み」があまりないので簡単。…とかの説明を聞いたりしますが、実は結構イレギュラーが少なくないようです。ちなみに「多音字」って日本語で読むと「たおんじ」。中国語では「Duō yīnzì」と読みます。

では、どのくらい多音字ってあるのかと言うと、例えば、

911查询新华字典の「多音字大全

では6,250文字という膨大な数の多音字が紹介されています。

「あれ?学校では多音字は100個くらい覚えればいい。って習ったけどな…。」って人いませんか? 僕はそんな一人なのですが…。

多音字の事って中国の方も気になるらしく「Baidu知道」で「有多少个多音字?:Yǒu duōshǎo gè duō yīnzì?:多音字っていくつあるの?」って検索してみると200万を超える検索結果が出てきます。

では中国語学習とか日常会話という範囲で必要な多音字ってどのくらいかと言うと、やっぱり学校で習った100文字くらいでよさそうです。

どうしてかと言うと、先ほど話した中国人も「多音字っていくつあるの?」ってネット上で質問しているって話のその先に、彼らが「常见多音字(よく見かける多音字)っていくつあるの?」って再質問しているからです。

もう少し言うと、このページのタイトルの下に使っている多音字の写真を見てみても、ほとんど見たことない漢字ばかりですよね。つまり日常的にはあまり使わない、見る事のない文字が多いので、無理して覚えても使う場面があまりなさそうです。

あと多音字にかかわらずわからない単語が出た時は、

那个〇〇是什么意思啊?:その○○ってどういう意味?

って聞いちゃいますよね。

個人的な見解ですのであくまでも参考までに。

お互い中国語の勉強、頑張りましょうね。

作成者: Mit

オーストラリアをはじめに海外生活を約4年経験し、2014年の12月末から中国語の学習を初め2016年7月に上海外国語大学の中国語サマーキャンプに短期留学。その後も何度も中国や台湾に通い、そしてハングルにも手を出すが…ちょっと…無理。…という事で中国語に集中。仕事では中国の工場への発注調整や、海外の翻訳家との業務調整を担当。